ピノとお別れの時がきた(3)

0

    朝の5時。目覚めて白い箱を眺める。

    今日でその姿を見るのは最後かあ・・・

     

    ピノが亡くなって2日目の夜はぐっすり寝た。

    今まで夜中は何度も起きてピノに付き合っていたから

    切れ切れ睡眠が染み付いてると思ったけど、体は正直だね。

     

    出かける用意を早めに済ませ、朝ごはんを食べたら
    また保冷剤の交換。

    最後だから買ってきたコスモスとピノを撮ろうと

    ベッドごとそっと箱から出した。

     

    「シミみたいなのが出てきたね・・・」という母。

    「ピノの地肌の模様だから元々だよ」と私。

     

    ピノはフォーンだけど、地肌は牛柄みたいにマダラなの。

    冷気で毛がペタッとなってしまったから地肌が目立つ。

    より悲しい姿だけど・・・お花で飾って数枚撮る。

    ぬいぐるみも並べてね。

     

    ピノは生き返れるんじゃないか?とどこかで考えていた。

    炎の中で目が覚めたらかわいそう!すごく不安になった。

    そわそわして、ネットで調べてる間に時間が過ぎる。

    結論からすると無理っぽい。

    でもやっぱりどこかで諦めがついていない。

     

    葬祭場へは姉も付き合ってくれて、姉の車で向かった。

    道中は箱は開けて起き、眠るピノを時々見つめながら。

     

    葬祭場に着くと小さい可愛い立て看板が出てて

    「ピノちゃん たのしいおもいでありがとう」と書かれていて癒される。

    小さなことだけど嬉しいよね。

     

    受付で手続きが終わり、焼き場に移動。

    箱からベットごと出してテーブルの上に乗せ、説明を聞く。

     

    天板は余熱で熱くなっていて、置いたらすぐに熱が回るので

    置くまでの段取りを確認。

    骨が脆いと小物の灰とごっちゃになるので

    一緒に焼くものは最小限に。と聞いていたけど、

    「お花を腕に抱かせる感じでいかがですか?」

    と提案いただき、抱かせたらなんとも可愛い。

     

    みんなで撫でて、天板に乗せるときがきたら

    「代表の方がお運びください」と言われ、ピノをそっと抱き上げたら

    カチカチの体からうっすら生乾きのタオルみたいな匂いがして

    ああ、復活はありえないんだな。と悟った。

     

    もう死んでるピノを抱きしめてボロボロ泣いた。

    最後の最後に抱きしめることができたのは本当に良かった。

     

    焼き上がるまでの1時間をその部屋で待った。

    ミニ祭壇に置かれたピノの写真はとっても元気で可愛く微笑んでる。

    私の心はとても穏やかだった。

     

    担当の方が戻ってきて、骨とご対面。

    完全な形ではないけど、頭蓋骨がしっかり残っていた。

    チワワは頭の骨が薄く、残るのは珍しいそう。足の骨もしっかりしてる。

     

    やっぱりまだ生きられたんじゃ・・・とまた悲しくなったけど

    「背骨はもろくなってましたね。形が綺麗に残っていない。」と聞き

    やっぱりピノの体はボロボロだったと自分を納得させた。

     

    用意してもらった小さい骨壷に骨を詰めて、車に乗り、

    寄り道でみんなで段払いがわりにお昼を食べてから家に戻った。

     

    家で一息ついていたら荷物が届く。

    友人がお花を贈ってくれたよう。

    戻る時間を知ってたの?ってくらいのタイミング!

     

    開けると小さな鉢にピノみたいなワンコがちょこんと。

    骨になったピノに体が戻ったみたいで嬉しかった。

    電話してお礼を伝えると、彼女の方が波声。

    動物大好きな彼女。その優しさに元気をもらう。

     

    棚に骨壷、写真、小さなピノとコスモスを飾ったら

    気持ちがすごく落ち着いた。

     

    私は本当にみんなに助けられてるね。



    一人っきりだと今でもふと悲しくなって泣いてしまうけど

    ピノとまた会えるその時を楽しみに

    ゆっくりゆっくり今を生きていこう。

     

    長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

     

     

    ーー

     

    友人やブログを見てくださっている方からの

    LineやTwitterから励ましてもらったことも、とても嬉しかったです。

    嬉しくて泣きながら読んでいました。

    本当に本当にありがとうございます。

     

    まだ近くにいるかな?ピノの魂もきっと喜んでいるはず!

     

    ブログは引き続き更新したいと思います!(^ ^)

     

     


    関連する記事
    コメント
    nakakoさん、大変辛いときにピノくんとの最期の様子を報告していただき、ありがとうございますm(_ _)m
    読んでいるうちに、今までの思い出が目の前に浮かび、涙なしでは見られませんでした。。
    nakakoさんとピノくんのブログ、Love Pino!を拝読し始めてから一年後、待望のパーティのスムースチワワを迎えました。nakakoさんのnicoをいただき、nicoと名付けました。
    nicoも今年で11歳。
    いつかくるお別れのときを、少しずつ考えながら1日を大切に生きようと思います。
    ピノくんとの出会いや以前のブログでの写真など、是非ご紹介ください。
    楽しみにしています。
    • nicoのママ
    • 2017/09/04 10:39 PM
    ありがとうございます。
    こういうのって読む側も辛いから、申し訳ない気持ちと、でも感じたままを忘れないようにしたい。という思いもありました。
    書き出すのはいいことですね。かなり心の整理がつきました(^ ^)。

    nicoちゃんはまだ11歳ですから、あまり先を心配せずに、楽しく過ごしてもらえたら嬉しいです。

    いつも遠くで思ってくださる方がいるのは本当にありがたいことです。たくさんの元気をいただきました❤
    ピノの写真もアップしますので、時々覗きに来てくださいね(^ ^)
    • nico
    • 2017/09/07 8:16 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    pino stamp♪

    orignal goods

    categories

    links

    profile

    書いた記事数:402 最後に更新した日:2018/06/26

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM